女の人

会社を他の企業に明け渡す|事業譲渡の方法を分かりやすく解説

小売業界の管理ツール

レジスター

開店改装が導入の機会

新規店舗を開業させる、もしくは既存店舗を改装するタイミングでposシステムを導入する企業が増えています。posはレジでの精算データを主軸とした売上分析の仕組みです。個々の商品ごとに売上履歴を収集し、いつ、どの商品が、いくつ売れたのかといった販売情報を保存することができるのです。多品目の商品を扱う小売業界にとって、いまやposは欠かせないツールとなっています。posシステムは企業にとって大きな買い物です。クラウドアプリケーションを利用した個人商店向けのposであれば、月額数千円から利用可能なシステムもあります。しかし据置型のレジが複数台必要になる規模の店舗では、システムに対応した専用のposレジを導入することになります。posレジは1台あたり数十万円する高価な機器です。経費の観点から簡単に増設することは難しいので、店内の客動線、売上予算などを考慮して導入台数を決定しましょう。メーカーは様々な業態に機器を導入しているので、判断に迷う点があれば担当者に相談するのが賢明です。posレジの設置はメーカーの技術者が行いますが、事前打ち合わせで電源の有無や搬入スケジュールについて確認が必要です。可能であれば現場を下見してもらいましょう。またposレジの操作ボタンは導入企業の要望に沿ってカスタマイズします。レジの設置が終了したらひととおりのボタン操作を行い、正常に機能しているか確認が取れてから本格的に稼動させます。